アリバイなら当サイトにお任せ!

このサイトではアリバイ会社での確定申告の書類作成を依頼するのは違法になるかや、源泉徴収票を作成する料金目安・依頼できる書類作成一覧・就労証明を発行出来る・生命保険に加入できるかについて紹介してます。
何らかの理由で依頼しないといけなくなった時に、必要書類を代行して作成してくれます。
作成に関しては専門知識を持っているスタッフが使用目的や状況などを聞いてから、それにあわせて作るのでまず作ったということはわかりません。

アリバイ会社で確定申告の書類作成をするのは違法か?

アリバイ会社で確定申告の書類作成をするのは違法か? アリバイ会社で確定申告で必要な書類を作成代行してもらった場合、これが違法になるかが気になるところです。
例えば源泉徴収票をアリバイ会社で作ってもらっても、違法にはなりません。
よく刑法の私文書偽造になるのではといわれますが、これは他人の名称や印象を使って無断で文章を作成することを罰するものです。
会社で作る源泉徴収票だと在籍専用会社が発行するので、法律の条文には該当しません。
簡単に言うと他人の名前を勝手に使い書類を作る行為ですが、実際に給料を支払っていないため内容は虚無ですが、法律の偽造と虚無記載は別であくまで私文書になるので罰則対象ではないです。
私文書偽造は偽造を罰したもので、虚位記載を罰する規定はなく会社が代行作成したといても法律には違反していなことになります。

アリバイ会社は課税証明書は作成してくれない

アリバイ会社は課税証明書は作成してくれない 課税証明書はその年の1月1日から12月31日までの1年間の所得に対する住民税額を証明するもので、所得金額も同時に記載されるので所得証明書や収入証明書とも呼ばれてます。
その年の住民税の課税額は前年の所得をもとに6月に決まり、住民税額は1年または2年前のものです。
1月から5月までは前年の住民税額を証明するために交付してはいません。
また、交付するところも証明する年の1月1日時点の住所地の市区町村で、公的機関の書類なのでアリバイ会社に依頼しても作成はしてくれません。
主な内容は一般的に、納税者の1月1日時点の住所と氏名、所得の種類・金額、課税標準額、住民税の内訳と税額・所得控除額・扶養者の人数です。
提出先や用途によって一部の項目を省略した証明書でもよいこともあります。
証明書の受け取りは役所で、運転免許証・住基カード・パスポート・保険証・年金手帳などを窓口で提示し手数料を支払うと交付してくれます。
発行手数料は1通が約300円で各自治体によって違います。
最近はマイナンバーの交付でコンビニでも受け取れるようになる予定で、一般の人だと賃貸契約ではあまり必要ではないですが、借りる部屋や不動産会社により必要になったりします。
必要になったからといって、アリバイ会社へ依頼してもこれは作成できないため公的な機関で発行してもらったほうがいいです。

アリバイ会社はどんな職種に必要でしょうか

アリバイ会社とは収入や勤務先、雇用形態などの所謂社会的な地位を偽装するのを手伝う会社のことを言います。現在国内には多数のこのような会社が存在していて、この会社を利用する目的はマンションなどを借りる際の賃貸物件の契約、融資を金融機関に申し込む時や家族や恋人に本当の職業を隠したい時など理由は様々です。アリバイ会社を利用する職種で多いのは水商売で働く人です。水商売に携わる人が賃貸物件を探すのはハードルが高く、大家は水商売勤務の人に貸すのを嫌がるのが普通です。そこでアリバイ会社から偽の証明書を発行してもらい、普通の会社員であるように大家に思わせれば、大家もマンションを貸してくれる可能性が高いです。他にフリーターの職種も人もアリバイ会社を利用することが多くなっています。消費者金融会社から借金する時には審査があり、在籍確認で勤務先に電話が行きます。この在籍確認のためや賃貸契約時にも、アリバイを偽装してくれる会社をフリーターが利用しています。

アリバイ会社の料金と利用時のポイントについて

アリバイ会社は料金やその使用上の注意点を確認するのがポイントです。アリバイ会社はマンションやアパートの賃貸契約時に利用する方がいます。理由としては在籍確認が難しい仕事の方が、料金を支払い利用するのが特徴です。オーナーにより賃貸を敬遠する職業の方は、アリバイ会社を使って賃貸をかりやすくします。利用する際の注意点にどのような目的で利用するか、費用がいくらかかるかがあるかが重要です。サイトで評判が良い会社を探し、複数から選ぶようにします。金額以外に賃貸契約ができないと利用するメリットがなくなります。妥当な金額設定海外に対応したスタッフの対応で判断するのがポイントです。サービス内容やどこまで依頼するか相談して決めるようにします。書類作成や電話で対応する以外に、保証人の代行をする会社があるのが特徴です。自分が必要なサービスがあるかを費用以外に確認します。支払い方法や成功報酬がいくらか確認すると安心です。

安心して利用できるアリバイ会社の見分け方

アリバイ会社は色々と役に立つサービスを提供している会社です。しかし人気があることで様々な会社が登場しており、サービスの質もそれぞれ違っています。満足できるサービスを受けるためにも正しい見分け方を知っておくようにしましょう。 見分け方として最も重要なのが、アリバイ会社のレスポンスが早いかどうかです。こうしたサービスは昼間だけではなく夜間のような人が少ない時間帯にもよく利用されます。だからといって問い合わせに対して反応が遅いとサービスを利用することもできません。対応している時間帯であればすぐに返事をくれるのか、事前にチェックしておくと良いアリバイ会社を見つけることができます。 対応の良いアリバイ会社もおすすめです。良い会社であればただアリバイを作るだけではなく、ユーザーが困っていることに対して一緒になって解決できる道を探してくれます。サポートが充実している会社であれば気持ちよく利用することができるだけに、評判の良さで選ぶのも一つの方法です。

ローン審査に通るための対処法としてのアリバイ会社

不動産の賃貸契約やカードローンの審査をする際に、職業が必ず尋ねられます。その時点で無職である場合、賃貸契約ができなかったり、カードローンの審査に通らなかったりする可能性が高いです。このような場合に良い対処法はないのでしょうか。このようなケースで強い味方になってくれるのが、アリバイ会社と呼ばれるものです。アリバイ会社というのは、ペーパーカンパニーに似ており、賃貸契約やローン審査の際に、その会社に勤めているかのようにアリバイ作りに利用することができます。犯罪ではないかと心配される人もいるかもしれませんが、アリバイ会社自体は実態があり、その社長が働いていることを認めているのなら、一概に犯罪とは言えないようです。アリバイ会社はどのような人が利用するのかというと、夜の商売や風俗関係の利用者が大半を占めていると言われています。本来、保証会社がきちんと調べなければならないことなのですが、家賃やローンの支払いに問題がなければ、そのまま後から何かを言われることもないでしょう。ただ、虚偽の書類を作成するのは違法になりますので注意が必要です。

アリバイ会社を利用することでのメリットについて

賃貸会社は、部屋を貸す代わりに家賃を収めてもらうことでお金を稼いでいるのです。ですから入居審査を行い、実際に家賃を支払ってもらえるかどうかを調べているわけです。普通に働いている方であれば問題ないでしょう。ただもしも無職やフリーターなら、自営業・まだ起業してからの期間が短い経営者の方だと確かにいまは稼ぎがあるもののいつそれが途絶えるかも分からないのです。とはいえそういう方だって部屋を借りる必要があるのは同じこと、そんな時にアリバイ会社を利用すれば賃貸審査に通りやすいといったメリットがあるのです。 具体的には、どこかの一般的な会社にて勤務していると偽装してくれるわけです。アリバイ会社はそれを仕事としているのですから偽装は完璧です。会社名はもちろん電話番号だって借りることができて、提出する書類にそれらの情報を書くことができます。万が一連絡の電話を入れられたとしても、うまく口裏を合わせてもらえます。

アリバイ会社についてはコチラもチェック

アリバイ会社は信頼が命